名古屋満喫

慌ただしかったGWが終わり、ふと振り返ると

どこにも遊びにいっていない

ということに気がつき(4/28に妹家族+父とユニバーサルに行っているがそれはカウントされていない)
4月に行く予定だったムーミン展にいくことにしました。

ムーミンだけのつもりが、「名古屋市科学館のプラネタリウムもそろそろ入れそうだろう」という
旦那の意見も取り入れて予定に付け加えられました。

迫り来る球体

迫り来る球体

行ってみると夢と感動の宇宙展」宇宙兄弟ムッタとヒビトが挑んだ空へ!というすごく気になる展示がやっており
宇宙兄弟愛読者である私たちは意気揚々と入場券を買うのであった。
どんどん後半にまわされるムーミン展…

正直すごかったです。

月の石(NASA所有)がさらりと置いてあるとかどういうこと…!!!

ソユース帰還カプセルの狭さに恐れ戦いたりもしました。

まさにすし詰め

まさにすし詰め

そしてギネス認定されているあのプラネタリウムを体験し、(しかし二人とも半分以上熟睡するという失態)
大須まで歩いてスープカレーをたべ、

歩いて栄の松坂屋へ。やっと本題だ。長かった…

なんかかわいい箱

なんかかわいい箱

トーベヤンソンさん生誕100年であった昨年にスタートしたムーミン展。
名古屋でその巡回も終わりということで、ギリギリ滑り込んできました。

タンペレのムーミン博物館からもってきた挿絵原画が展示されているとのこと。
時期的にこの展示は私がフィンランドに行っているときにすでに始まっていたから、フィンランドに行って見られなかったものを日本で見るというちょっと切ない展開。

とはいえ、ものすごく大量の原画だったので、タンペレにあったもの全部というわけでもないみたい。
ちょっと引くぐらいありましたよ、原画。

トーベさんの繊細なペンでのタッチは、わたしのようなおおざっぱな奴には無理なのですが
やっぱりペン画はいいなあーって思ったので
私も引っ張りだしてみることにします、漫画道具のインクとペン。

何も買うまいぞ!と思って来たのに
図録と限定ポストカード、眼鏡ふきを買って散財しました。

ムーミン谷のジオラマ

おうちに接近するモラン…!

出口付近にあった、ムーミン谷のジオラマはテンションあがりました。
海のほうにはちゃんと”うみうま”も居ましたし。橋にはトゥーティッキも居ますね。

ムーミン映画は結局劇場でみれなかったので、DVDになったらちゃんと見たいと思います。

楽しい名古屋旅でした。