やながせ古本市お疲れさまでした

4月19、20日と2日間開催された「やながせ古本市」に、
19日のみ参加させていただきました。

02

レイアウトはこんなかんじで。
前回は一箱古本市でしたので、トランクケースに入れていました。
その時も、本を立てていたのですが
ぱっと見何があるか分かりにくい気がしたので
今回はジャンルの見出しを作ってみました。

こういう風に色々考えたりするのが楽しくて、
準備段階からすでに楽しいという素晴らしいイベントだなあーと
思いました。古本市は2回目でしたので、前回よりも大分ディスカウントしてました。

とっときのリトルプレスはほぼ完売!!
新しい読者さんの元へ旅立っていきました。
リトルプレスは、作者さんにメールで問い合わせたり
その土地の雑貨屋さんで買い求めたりとどれも思い入れのあるものばかりで
正直手放すのは惜しいものたちばかりだったのですが
流通しない本だからこそ、今読みたい!って思ってる方のところへ行ってもらうべきかなあ
と思いまして。

すみっこのほうで、アルパカの紙雑貨を売らせていただきました。
沢山の方々に手に取っていただき、
また、目に留めていただき本当にありがとうございました!

このイベントで初売りになった「アルパカTシャツ」も
沢山の人に見てもらって、ありがたかったです。

01

アルパカものを買って頂いた方のアルパカ情報によると、
「おかあさんといっしょ」的な教育番組でアルパカの歌があるらしく
小さいお子さんがいるお母さん方が爆発的にアルパカが気になり出している・・・と
耳寄りなお話を聞き、いちアルパカ好きとしては大変嬉しい事だなと感じた次第です。

今後の商品づくりに生かして行きたいと思います!(真面目か・・・)

facebookやtwitterつながりのお知り合いの方も、お友達も来てくださって
うれしかったです!!
地元のイベントに出ると、こういうのが本当にうれしいですね。

TONO FESでお隣になった絵本作家のいながわあいさんと
今回、奇跡的にまたお隣になって二人で「やったあやったあ」言い合いました。

イベントに出て沢山のひとたちとまたつながって行く、これも醍醐味のひとつですね。

前回もそうでしたが、スタッフさんたちがみんな親切でいいひとばかり。
なかなかこんなイベントはないぞ・・・。
また交流会の参加を逃した訳ですが、また開催されることがあったら
是非参加したいなあと思います。